<< 新製品外観 | main | 畑の夏野菜 >>

真夏の暖房

毎日暑いですよ

 

何時もなら 高原は涼しく快適ですから遊びに来てねって書くのですが

 

今年は暑いからダメです

 

温度計は37度

 

部屋の中でも30度です

 

冷房を入れれば良いのですがね

 

細々と自給自足で暮らして居ますから井戸水を頭からかぶって暑さをしのいでます

 

地下80mから汲み上げ 15℃は気持ちいいです

 

マッパのフルチンで水浴びをしたい所ですが

 

見晴らしの良い丘の上に工場が有りますから残念ですがシャツを着て水浴びですね

 

 

でね!!

 

このクソ暑い中

 

新製品のテスト焙煎をしてます

 

12キロ焙煎機です

 

バーナーは24000kcal

 

真冬でも暖かいですよ

 

これを今日焚きました

 

暖房が良く効きますよ

 

OS1をしこたま飲みました

 

暑くてね焙煎の味とか香りが等のウンチクは同でも良くなりますね

 

12kg焙煎機で2キロでテスト中です

 

焙煎終了時のデーターです

 

上は温度計測表示

 

その下が当社自慢の熱量計測でね

 

一番下が差圧測定です

 

今回の開発のメインになります

 

HR-700には自動計算してレシピの指示に従って自動運転してますが

汎用焙煎機にこの機能だけを追加するためにマザーボード基盤開発と新たにソフト開発を致しました

 

結果は良いですよ

 

この差圧で何を見てるかですが

排気のの状態です

 

温度、熱量、排気の状態この三つを監視して居れば焙煎機の中で珈琲の変化を捉える事が出来ます

 

仕事人に使って頂く機械ですね

 

ハッキリ言いますが

 

従来の様な焙煎を抽象的な表現で焙煎講習をしている方達とは絶対に違いますね

 

前にも言いましたが仕事は数値で解析しなくては駄目だと思います

 

事実とデーターで物を言いなさいってサラリーマン時代に叩き込まれましたから独立しても

 

機械開発はサラリーマン時代と変わらないですね

 

違うのは資金を自分で調達しなくてはいけない事ですかね

 

ソフト開発、センサー開発は大変ですよ

 

 

明日もクソ暑いのにテスト焙煎2バッチでやめます

 

 

 

何時ものおまけ画像

 

 

昨夜の月はオレンジ色して綺麗でしたが

 

写真は色合いがイマイチでした

 

この後設定をいじって居たら月が隠れて残念でした

 

次回頑張ります

 

at 21:20, 野の花, -

-, -, - -